白石阿島さんの事故の真相とその後の経過状況について

2016年7月8日、
白石阿島さんは、クライミングジムでの練習中に45フィートの高さから落下し、救急車で搬送されました。
その後すぐに手術を受け、奇跡的に大きな怪我や骨折もなくすぐに退院されたそうです。
背中には傷がいくつかあるそうですが、大事に至らなくて本当によかったです。

ちなみに45フィートはメートルに換算すると、13.716mです。米国での長さの単位は、メートルよりもフィートが一般的なようです。
白石阿島さんも、JALとのサポート契約のインタビュー時に身長を尋ねられた際、
「5フィート1インチ(155cm)ぐらい、センチではわからない」と答えています。
白石阿島さんの身長についてもっと詳しく知る

落下の翌日にはインスタグラムに事故の状況を投稿しています。

今回の事故は、多くの方からの支えもあり、今後の選手生活には全く影響がなかったようです。
事故の経験すらも活かして、さらなる活躍を期待しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする